'14年 8月 「 再集中せよ!   前半から後半へ 」







北海道の屋根
大雪山系旭岳(2290m)で
豪快な初冠雪があったのは
9月16日でした。

着実に秋が深まっている
北海道Nisekoより
ごあいさつ申し上げます。

お元気ですか?

Mrs.&Mr.小柴は
きょうも元気に働いています。







8月11日未明に
当地を通過した台風の影響

なにも変化は無いと
安堵していたのですが
栽培中の秋メロンに
ボディーブローのように
ダメージが残っていました。

この1ヶ月は
秋メロンの管理に
体力と神経を使う時間と
なりました。







その秋メロンは
先週から収穫に入りました。

残念ながら
いくばくかの損害は
免れませんでした。

しかし!
痛手と引き換えに
新しい経験と知識を得て
次回作の底上げも
可能になりました。

この1ヶ月

またもや自分たちを試す
いい機会となりました。








「農業は 人生を賭ける 価値がある」



完熟「秋」メロン
お申し込みになりましたか?


<経営理念>
「農業は 人生を賭ける 価値がある」
Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語



北海道 小柴ふあーむ
公式ホームページ



完熟「秋」メロン

9月20日に
全国へ向けて
一斉発送いたします。

食べ頃はちょうど
27日ころ
週末になるでしょう。

残念ながら
お彼岸に間に合いませんでした。
申し訳ありません。


しかし、今回の秋メロンも
じっくりと寝かせた
至極の一品になっております。

必ずやご満足いただけるはず!

追込みのご注文を
心よりお待ち申し上げております。

季節を耕す物語
一玉に籠めてお届けします。


ホームページで
かんたんご注文!
カード決済も完備して
お越しをお持ちしております。

ぜひお試しください!










〜勇気ある生き様〜
フェイスブックページ



フェイスブックページでは
最新情報を毎日
提供しています。

作業の進み具合
作物たちの育ち具合
天気のめまぐるしい変化
そして
私たちの喜怒哀楽

本当にお届けしたいものが
ここに詰まっています。

季節を耕すとはどういうものか?
こちらをご覧いただければ
感じていただけるでしょう。

小柴さんちは今日
なにをしてたのかな?
生産者でしか気付けない視点を
皆さんにもお分けしたく
毎晩更新しています。

どうぞチェックしてみてください。






今月のテーマ
「 再集中せよ! 
    前半から後半へ 」




春先の農繁期に
ひぃ〜ひぃ〜言ってたのは
ついこの間の出来事。

気がつけば
もはや終盤戦に入ります。

今年の成績も
徐々に先が見え始めるこの時期
蓄積した疲労と焦燥感で
集中力がつい
落ち気味となります。





農業経営において
この時期が
とても危ないのです。

集中力が落ちると
作業精度も低下して
罠に嵌まる。

よくあることですが
体力が落ちているときは
そうなるものです。





一流の仕事人の間では
「休むのも仕事のうち」
とよく言われます。

最高のパフォーマンスをするために
最高の準備をしておきなさい。

体調管理は重要な仕事
心身ともに良い状態を維持して
すべての判断と行動に
責任を持ちなさい。

体調を言い訳にするのは
みっともないですよ・・・





これは私が
会社員時代に教えてもらった
一つです。

言い訳したくなるのが人間
それは否定できない。

ならば
言い訳の要らぬ準備を
常日頃から生活に組込むべき。

体のメンテ
心のメンテ
生活から 生き方から
あなたのすべてが
仕事に滲んで来るのですよ。

すなわち
あなた自身の存在が
仕事に表れるのです。

そこんところ
よ〜く覚悟しておきなさい。


そう仕込まれたことが
いまでも身体に
染み付いています。





「ごめんなさい」
は、言っちゃいけません。

「すみません」
は、仕方ない時もあるが
「ごめんなさい」
は、試合放棄宣言
だから
言ってはいけません。


「ごめんなさい」
これは良くない言葉です。

その一言で
許しを請うてます。

個人対個人の関係なら
それは全く問題ありません。

過ちを素直に認め
許しを請うことは
とても勇気の要ることです。

だから一個人として
「ごめんなさい」
は、褒められる勇気と
言えるでしょう。





しかし
仕事となれば
話は違います。


「ごめんなさい、事故起こしちゃいました」

「ごめんなさい、腐らせちゃいました」

「ごめんなさい、下手でした」

「ごめんなさい、失敗しました」

「ごめんなさい、出来ませんでした」

「ごめんなさい、一生懸命頑張ったんですが」


どうです?
こう言われて
どう感じますか?

私なら、こう感じます。

「だから、なんなの?」

私としては
同情すればいいのだろうか
許してあげればいいのだろうか
悲しさを共有すればいいのだろうか

その結果
私の為になるのだろうか
そもそも
この人の為になるのだろうか

仕事として見たら
何かが変わるきっかけに
なるのだろうか





人として
厳しい感覚であるのは
重々承知のことです。

私が言いたいのは
相手にそれを押し付けるというより
相手にそれを感じさせちゃいけない
ということです。

プロとして仕事に徹するなら
相手にそういう疑問や困惑を
与えてはいけないと思います。

いろいろ不測事態に遭遇するのは
当たり前のこと。

その時に許しを請うのではなく
いつも次の答えを
いつも次の提案を
用意できる人で在りたい


私たちは
そう考えて
そうなれるように
毎日を使おうとしています。


「再集中せよ!」

疲れた時こそ
ほっとした時こそ
自分に問いかけて
再点検したい。

8月から9月は
そういう1ヶ月でした。




今月はそういうくだりで
お届けしたいと思います。

どうぞお楽しみください!












今月のフラッシュ

'14年 8月 「再集中せよ!  前半から後半へ」
'14年 8月 「再集中せよ!前半から後半へ」
YouTube動画へ GO!

こちらをクリックしてください。
Youtubeに登録されている小柴ふあーむの動画へ
ジャンプしていきます。

全376枚  All rights reserved @北海道 小柴ふあーむ









今月のあれこれ









熟成メルヘンかぼちゃの物語!

8月15日
メルヘンかぼちゃの花も咲き終り
とたんに病気が忍び寄ってきました。
最後まで葉っぱに元気でいてもらうため
最初が肝心と素早く行動。
100mの高圧ホースを
畑の奥まで引っ張って
消毒してあげます。








完熟「夏」メロンの物語!

手元に保管してある
品質確認用の玉。
お客様と時期を合わせて
私たちもひと玉ずつ
点検していきます。
お客様の感じる
甘さとは?
食感とは?
感応レベルをすり合わせる
大切な作業です。








完熟「秋」メロンの物語!

台風通過から収穫まで
約1ヶ月の成熟期間
大雨の過剰水分で
根っこが疲れた中で
過剰水分+酷暑+強日射
この三重苦に耐えて
最後まで体力振り絞り
頑張り抜いてくれました。








完熟「秋」メロンの物語!

せっかく生き抜いた玉たちを
一部は守りきることが出来ず
損失となってしまいました。
およそ15%の被害は
コオロギと蛾幼虫が
もたらしました。
これぞまさしく
集中力が緩んだ時の
典型的な失敗事例です。








熟成メルヘンかぼちゃの物語!

開花・着果から
1ヶ月を経て
プクプクと膨らんでいます。
今年から
「海のミネラル堆肥」を
2倍に増量して
生育後半の地力を維持!
その成果を確認中です。
かぼちゃもメロンも
最後の1週間で
見違えるほど大人になるんです。










季節を耕す物語!

今年の「代表改造計画」は
機能性+カラフル
が、メインテーマ。
上着は伸縮性+通気性+防暑性
帽子は通気性+防暑性
どちらにも共通するのは
明るい色遣いであること。
ハチ対策であることと
現場を少しでも華やげて
自他共に軽やかな作業とする。
出来上がったコーディネートは
’70年代の坂口良子風と
相成りました。










季節を耕す物語!

食足りて 人こころを満たす
ただ食べあさるだけじゃ
満たされません。
ただ豪勢でも
満たされません。
満たされるためには
そこに必然性がないと
いけません。
それが人と獣の違い
文化と野蛮の違いです。
何を食べても良いし
何を飲んでも良い。
しかし必然性を大切しなければ
豊かさを感じられないのではないか。
逆を言えば
そこに必然性があれば
多少足りなくても
十分に豊かな気持ちになれると
私たちは思います。








季節を耕す物語!

畑でよく会う友だち
カエル。
ヘビやカラスに
食われるなよ。










朝獲りアスパラ!の物語!

収穫後に撒いた肥料が
2ヶ月を経てジワジワと
効いてきました。
樹は生い茂り
来年のための体力作りに
精を出しています。
バリカンですそを刈上げて
病気対策を施します。
あとは年に1回の
防除を待ちます。











季節を耕す物語!

なんだかんだ言っても
畑にはこの二人しか
おりません。
喧嘩をしても
おやつを分け合っても
無視し合っても
助け合っても
しょせんこの二人しか
おりません。
いま私たちも50代半ば
人生の機は熟してきました。
一年一年が大切です。
これまでの歳月を
生かすも殺すも
この一年から。
仕事人として
職人仲間として
夫婦として
人間として
毎年を過去最高と言えるよう
関係を成熟させていきます。








今月もどうもありがとうございました。








北海道 小柴ふあーむ

「農業は 人生を賭ける 価値がある」
Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語



再集中せよ!
前半から後半へ


今月の報告は
作物の話題が
多かったですね。

いかがでしたか?







肉体作業のみならず
思考力、判断力
いずれも基礎体力が無いと
鈍ります。

良い仕事をするためには
まず何はともあれ
基礎体力が必要です。







そもそも仕事とは
自分のエネルギーを
モノへ移し替えること。

それが物理的な対象だったり
精神的な対象だったり
有形無形は問いません。

受け手がエネルギーを感じなければ
送り手の仕事は失敗だと思います。

良い仕事を成すためには
良い考え、良い判断に基づく
信頼性ある作業が鉄則。

そのための基礎体力です。







基礎体力

なにも肉体的能力だけでは
ありません。

精神的エネルギーも
基礎体力の大切な部分です。

心と体のエネルギー
両方が充実してこそ
モノにエネルギーが乗り移り
お客様に感動が伝わります。

それが「仕事」
良い仕事の定義
だと思います。







花一輪

メロンの始まりは
ほんの花一輪です。

でも
この花を咲かせるために
失敗に挫けぬ心と
執念を燃やす魂と
それを支える肉体が
必要なのです。

代表と私
二人で運営する畑

でも心と魂と肉体は
三人分、いや
四人分にして見せる気持ちで

「量より質」の本質主義で
季節を耕す物語を
皆様にお届けします。











旨い秋メロンは
いかがですか?

今年のメロンの
最終便となる秋メロン

9月20日に
全国へ向けて
一斉発送となります。











「いい仕事」
私たちなりの定義を
今月は披露しました。

この秋メロンが
「いい仕事」と結びついているか
ぜひご自身でお確かめください。

代表と私と
そして時々息子とで
魂込めて仕上げました。


北海道 小柴ふあーむ
公式ホームページ
ご注文は こちらから!



ご注文は
公式ホームページ
「お買いものコーナー」から

カード決済も完備して
忙しいあなたにも
手間を取らせません。

フラッシュムービーで
各商品のご説明をしてますので
どのようなラインナップがあるか
冷やかしてみるだけでも
楽しいですよ。







いい仕事を伝えられるように
心と体と魂を磨き
あすのあなたのお越しを
お待ちしております。







それでは、また
来月 お会いしましょう!


次回報告は
10月中旬

熟成メルヘンかぼちゃ と
極遅メロン の
発送時期ですね。


かぼちゃ畑から
たっぷりの秋の実りを
取り上げていることでしょう。

いやそれとも
不測の困難が
待ち受けているのかな・・・



それでは
来月報告も
どうぞお楽しみに!






今月ももどうもありがとうございました。











こちらもどうぞ ご覧ください!
Nisekoの楽しい季節がたっぷりと紹介されてます。



北海道 小柴ふあーむ
公式ホームページ
ご注文は こちらから!



ツイッター


フェイスブック


ブ ロ グ


月 報

 





北海道 小柴ふあーむ
〒048-1302 北海道磯谷郡蘭越町昆布町114番地4号
Tel/Fax (0136)50-2025
メールでのお問合わせ :  info@koshy-niseko.com

すべての画像・文章・デザインの著作権は、 北海道 小柴ふあーむ に帰属いたします。
無断転載や利用の一切をお断りいたします。