'14年 1月 「Kit Kat!」







寒さに震える日本中へ
同じく寒さのNisekoから
寒中お見舞い申し上げます。

みなさん、いかがお過ごしでしたか?

こちらNisekoは
1月末に暴風雪に見舞われましたが
その後は比較的穏やかな天候が続いて
2月16日現在で積雪120cm弱となってます。

平年より少なめで経過しております







「農業は 人生を賭ける 価値がある」



先月ご報告しましたが
最新の気持ちを表現した
経営理念の下で
これからやってまいります。

そして
新しいホームページを作成しています。

いまの気持ちを素直に表現して
わかりやすく つかいやすい
気持ちの良いホームページを作っています。


<経営理念>
「農業は 人生を賭ける 価値がある」
Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語


Nisekoの季節を耕し
皆さんにお届けし分かち合う。
他愛なく虚飾を捨てた本質を
皆さんへお届けするために
人生を賭けます。

その成行きこそが
私たちの価値と心得ます。
Nisekoで季節を耕す物語
とくとご覧いただければと思います。









 をご存知ですか?



バナーをクリックしてみてください。
こちらで、毎日の畑の様子を
ライブでお届けしています。

フェイスブック ページ
登録しなくてもご覧いただける
広報用のページです。

あなたの個人情報は何ら関係がありません。
どうぞ安心してご覧ください。

登録を聞かれても
スルーして先に進めば
小柴ふあーむのフェイスブックページで

ご覧いただけます。

「農業は 人生を賭ける 価値がある」

毎日の畑をご覧いただくと
まるであなたが畑にいるような
疑似体験ゾーンを感じることでしょう。

私たちと畑を ご一緒しませんか?
畑のご案内は ぜひお任せください!
わかりやすく 豊富な画像と共に
ご紹介いたします。

皆さんのお越しを、お待ちしております。






今月のテーマ
「 Kit Kat! 」



受験シーズンですが
我が家にも戦士がおります!
頑張っております!

目指す学校の受験へ向けて
知り合いの旅行会社に
受験旅行のチケット手配をお願いしました。

届いたレターパックには
チケットや旅程表と一緒に
マッキントッシュの「Kit Kat!」が
同封されていたんです。






感激ものでした!
あぁ、こういうのが
気持ちの通じる関わり合いなんだなぁ
そう思いました。

勉強させてもらいました。

自分が嬉しいことに巡り合うと
なんだか嬉しさのお裾分けを
したくなりますよね!

今回の心遣いは
まさにそういうケースでした。





センター試験に出かけていく息子





彼はこれまでに何度
この停車場から出発しただろう?

幾度となく繰り返される
出発と帰着

高校時代から遠隔地へ出かけ
たぶん色々な思いを抱えて
このホームや汽車を
味わっているんだろうな。

そんな奴のこれまでに
なんとか光が射してほしい。


だから
「きっと 勝つ!」


私たち自身への叱咤も込めて
今月は「きっと 勝つ!」で
まいります。






今月のフラッシュ

成人の日からから
バレンタインまでの1ヶ月間
さぁ、どんな季節が流れっていたでしょうか?
フラッシュでとくとご覧ください!

'14年 1月 「Kit Kat!」
'14年 1月 「Kit Kat!」
YouTube動画へ GO!

こちらをクリックしてください。
Youtubeに登録されている小柴ふあーむの動画へ
ジャンプしていきます。

全131枚 All rights reserved@北海道 小柴ふあーむ









今月のあれこれ


1月16日
ニセコアンヌプリで
雪崩が発生しました!
どうやら家から見える
こちら面の沢のようです。
幸いにもけが人は生じなかった模様
不幸中の幸いでした。




1月17日
何も言うまい
ただ、頑張れ
私たちは子供を持つ贅沢を
いま味わっております。




1月19日
小野田さんのご逝去を知りました。
この本の表紙の写真に
私はいつも言葉を無くします。
この目の奥にある誇り
そして自分と戦う葛藤
凄い一瞬をとらえた写真だと思います。




1月19日
畑の積雪は 1m40cm
そろそろ ファイト一発 しないと
いけません。




雪が降っても 寒さが厳しくても
ふと見上げる空に こんな雲が浮かんでいたら
いまの時間に自然と身を委ねてしまう
そんな畑の一瞬が大好きです。




1月19日
さぁ、ハウスの間に
トラクターを入れていきます!




去年はこの作業中に
トラクターを壊してしまいました。
なので以前よりかなり緊張して
作業を進めています。




トラクターの高さを超える
雪の壁を作りながら
100mを1時間かけて進みます。




風向きの微妙な変化で
オペレーターはあっという間に
雪だるまになる!
それが畑の除雪です。




2日掛かりで作業場所と
ハウスの間500mを除雪しました。
所要燃料40L
この手間と経費が
高いのか安いのか
現場作業に入るとそんなことには
だんだんと鈍感になってきます。




スキー仲間との飲み会は
楽しいよ!
みんな若いし 元気がいいし
寒い中でいっしょに滑る仲間だから
損得抜きに付き合えるから
楽しいよ!




明け方
−20℃を下回ると
窓のサッシはこうなります。
でもNisekoは道内では温かいところ
もし私の故郷・旭川などでなら
サッシは樹氷のように氷の塊となります。




冬の朝
いいですよぉ〜!
寒いには寒いのですが
荘厳な雰囲気で
身が引き締まる思いがします。
清々しいんですよ。




学生時代に山登りをしてました。
この高度の上げ方を
機械に頼らず足で稼いでいました。
なんか時々ですが
昔の自分に謝っている私がいます。




これが サンピラーだ!
霧氷に満たされた大気に
太陽光線が射し込んだ時に見える
北国ならではの幻想的な風景
厳冬期の標高1100mで見える
素晴らしい一瞬です。




昼休み
社員食堂でもしっかりと
自分の仕事の準備をしています。
とっても貴重な時間なんです。
でもこういう時の30分って
時間がある時の30分に比べたら
2〜3倍の効率があるように感じますが
いかがでしょうか?




始発回送列車が
雪煙りを上げて疾駆していきます。
北海道の鉄道車両の前面には
排雪板というラッセル装置が付いており
20cm程度までなら
自力で跳ね飛ばして走ります。




下は穏やかでも 上空2千mでは
物凄い風が吹いている・・・
羊蹄山は天然の吹き流しです。




1月24日
ハウスの間除雪 2回目です。
焦らない、焦らない
ゆっくり。ゆっくり




トラクター運転台への乗降は
雪の上から下りて
雪の上に登ります。




がんばれーっ!
ぼちぼち行こうぜぇーっ!
壊れるなよぉーっ!




雪への恐怖
最初は感じましたよ。
でもいまは
上手にやり過ごす感じです。
そりゃしんどいもんもありますが
タイミング良く手入れをして
畑も機械も人間も
それぞれが負担を軽くできるよう
賢くなっています。




恵みをくれる畑も
いまは雪の中で眠っています。
静かです。




名刺を作りました。
お会いする人が増えてきて
自己紹介に手間取らないように
名刺を作りました。
明るい名刺を作りました。




冬の楽しみの一つ
ニセコビュープラザでの
イモのお買い物!
いろいろな品種、いろいろな生産者
あの人、この人
知ってる人、知らない人
10kgのおイモもあっという間に食べてしまう
おイモが美味しいからあっという間に食べてしまう




雪の中ではしゃぐ高校生
スキーもいいけれど
これが一番の面白さ!
疲れたかな?と思ったら
脇道に入って一緒に遊びます。
元気、もらえますよ!




昔の仲間が作った
ヤマハのスノーモービル
スキー場の中で存在感バリバリ!
風景の中にあって映える機械は
本物だと思います。




本州各地で大雪の被害があり
普段からのこうした作業に
改めて感謝の気持ちが芽生えます。
世の中の仕組み
大切だと思います。




自宅の周りも
大型ロータリーで
排雪作業が続きます。
雪の日は除雪
晴れた日は排雪
地域を維持するにも
お金がかかります・・・




氷点下23度
朝一番で山に上がるゴンドラ
これだって索道部員たちの
体を張った仕事の賜です。
朝6時から運転準備をして
8時半に営業開始
天候によっては泊りで待機し続けます。
目に見えぬところの仕事は
大きいのです。




どう? いい風景だと思いませんか!
中国の旧正月に合わせて
たくさんのお客様がお越しになりました。
雪遊びがうれしい!
カメラを構えるお父さんが
とっても微笑ましい!
ここに来られるのは
ほんの一部の富裕層でしょうが
この家族にとってのこの一瞬は
お金で買えないほどの一瞬であると
私は信じたいです。




リフト乗車中の10分間は
いろいろなことを考えます。
その日のお客様の誘導の仕方
日本のあちこちで頑張る息子たちのこと
勝負に負けられない今年の畑のこと
いま溜まっている営業準備のこと
そして、来し方 行く方
いつもなにかしら
時間の流れを感じてリフトに乗っています。



       
左向こうに 札幌があります。
右向こうに 太平洋があります。
雲が 目の前にあります。




なんだかんだ言っても
冬の北海道では
鉄道のある安心感は
半端なものではありません。
ぜひ、一皮むけて
New JR北海道 を見せて欲しいですね。








今月もどうもありがとうございました。








北海道 小柴ふあーむ

「農業は 人生を賭ける 価値がある」
Nisekoから世界へ! 季節を耕す物語



まもなく畑が再開します。

3月1日から
小柴ふあーむが再開します。







いまはまだ雪の中
でも目覚めさせる手立てを持つ幸せは
何物にも代えがたい!

去年の機械トラブルを思えば
いまある条件の有難みが
本当に身に染みてきます。









明るいところへ登って行くとき
何かから脱出する予感がありませんか?

いい予感
感じるも感じないも
見つけるも見逃すも
自分の感性次第ですね。

厄払いを済ませた今年は
去年の分までいい事がいっぱいありますように!

先日、地域の女性と話した時に
代表のことを褒めていただきました。

「いやぁ、奥さんホント頑張ってるよねぇ」
「周りの見る目が変わらなければおかしいよ」

孤独を感じることが多いこの地での生き方に
二人してたまに凹むことがあるんですが
こんな声をかけてもらえると
めちゃくちゃ励みになります!

「これからもどうぞよろしく」
「代表を見守ってやってください」

そう挨拶して
お礼をさせてもらいました。









「きっと 勝つ!」

いま、ソチ五輪から
たくさんの選手の奮闘ぶりが
伝わってきています。

いいなぁ、と思うのは
各局の解説者がハイレベルな競技者であり
指導者であること

だから視点や視野、コメントの深さが
とても生々しく、でも優しい。

複合男子の時の 荻原さんの号泣
女子ジャンプの時の 原田さんの微笑み
男子フィギュアの時の 本田さんの沈着さ
女子モーグルの時の 皆川さんの愛情
男子スピードスケートの時の 清水さんの指摘

世の中には いまこの瞬間にも
「きっと 勝つ!」
と呟きながら奮闘している人が
ごまんといるでしょう。

私たちもそのうちの二人です。

「きっと 勝つ!」

なにに対して勝つのか?
それは自分たちの人生に対して
自分たちが始めた道に対して
自分たちのこころの状態として
「きっと 勝つ!」

目指す方向は分かっていながらも
歩む道筋は歩きながらでないと分からない
理想と現実の狭間を歩みながら
きょうも あしたも 今年も 来年も
足元を滑らさぬよう 踏み抜かぬよう
慎重に でも勇気を持って
次の一歩を踏み出してまいります。











それでは、また
来月 お会いしましょう!

次回報告は
畑の除雪が目処つく頃の報告となるでしょう。







いましばらくは
国際人としての自分を楽しんでから
畑に戻って集中しなおしますね!

楽しい仲間にたくさんのパワーをもらいながら
今年一年をレベルアップしてまいります!

今月もどうもありがとうございました。











こちらもどうぞ ご覧ください!
Nisekoの楽しい季節がたっぷりと紹介されてます。



北海道 小柴ふあーむ 公式ホームページ


ツイッター


フェイスブック


ブ ロ グ


月 報

 





北海道 小柴ふあーむ
〒048-1302 北海道磯谷郡蘭越町昆布町114番地4号
Tel/Fax (0136)50-2025
メールでのお問合わせ :  info@koshy-niseko.com

すべての画像・文章・デザインの著作権は、 北海道 小柴ふあーむ に帰属いたします。
無断転載や利用の一切をお断りいたします。