'13年11月 「心機一転、出直しだ!」







皆さん、こんにちわ!
北海道ニセコより 小柴ふあーむが
今年12回目の「小柴物語」を お届けします。

今月は 「心機一転、出直しだ!」 
と題しまして
難儀した今年に別れを告げ
新たな気持ちに切り換えた様を
お届けいたします。


フェイスブック、ツイッター、ブログで
いつもご覧になっている方も
1ケ月500枚近い画像から
厳選した写真を
ダイジェストとして
ご覧いただけます。

どうぞお試しください!








「届けます! 生きた季節を 畑から」



「畑」
皆さんはどんなことを
思い浮かべますか?

ただ単に農産物を生み出すところ?
農家さんの大切な土地?
有機物たっぷりの小宇宙?


私たちにとって「畑」とは
土に吹き込んだ命が
種に乗り移り
形になる場所。

あるいは
私たちが心血を注いだ時間が
形になる場所。

そういう風に受け止めています。


畑は微生物だけじゃない
時間をも抱えた小宇宙です。

私たちが費やした時間だけでなく
このホームページを通して見つめてくださる
皆さんの過ごした時間も含めて
送り手と受け手の心が集まる
共通した一点だと
私たちは思います。

そして・・・
皆さんがくださった勇気が
作物に宿って増幅され
ふたたび皆さんの手元へ帰っていく
そういう場所でありたいと願い
手入れしています。


「畑」
皆さんと 私たちの
時間と勇気が交錯する場所

時間と勇気が増幅され
還元していく場所

そういう場所になれるよう
毎年毎年
土を 命を
育て上げてます。









 をご存知ですか?



バナーをクリックしてみてください。
こちらで、毎日の畑の様子を
ライブでお届けしています。

フェイスブック ページ
登録しなくてもご覧いただける
広報用のページです。

あなたの個人情報は何ら関係がありません。
どうぞ安心してご覧ください。

登録を聞かれても
スルーして先に進めば
小柴ふあーむのフェイスブックページで

ご覧いただけます。

「届けます! 生きた季節を 畑から」

毎日の畑をご覧いただくと
まるであなたが畑にいるような
疑似体験ゾーンを感じることでしょう。

私たちと畑を ご一緒しませんか?
畑のご案内は ぜひお任せください!
わかりやすく 豊富な画像と共に
ご紹介いたします。

皆さんのお越しを、お待ちしております。







今月のテーマ
「 心機一転、出直しだ! 」






今年は
色々なことがありました。

機械は壊れるわ
新しい供給苗は貧弱だわ
春は低温干ばつだわ
夏は酷暑だわ
秋は急激な温度降下だわ
ネズミには暴れられるわ
秋作は途中で力尽きるわ





一方では
助けてくれる人が現れるわ
親しくなれる人が増えるわ
新しい出会いがあるわ
新しい技術に気付けるわ
足元を見つめ直せるわ
見逃していた幸せを見つけるわ

なにより
勇気をもらえたよ、って
言ってもらえるわ








色々な局面で
色々な試練に立ち向かい
色々な教訓を得ることが出来る。

今年は
「生き残るために必要な心がけ」
それを教えてもらえたような
気がします。

それはなにも
浮かれちゃいけないとか
そんな表面的なことではなく

厳しい時こその心がけとか
危機回避のための素行とか
普段の生き方のベースとなる
大切なものを教えてもらえた
そんな気がします。





自分たちはまだ
大したことはないけれど
例えば 横綱とか
例えば エースとか
例えば 立役者とか
そういう方たちのエッセイに
通じるものを感じるこの頃です。





今月は
畑の店仕舞い

先月よりも勇気が回復して
表情が少し明るいと思います。

そんな勇気ある生き様を
とくとご覧ください。




今月のフラッシュ

今月の報告は
後片付けから 冬の始まりまで。

季節でいえば
晩秋から立冬まで。

これまでと違った風景を
たっぷりと載せてあります。

どうぞごゆっくりと
お楽しみください!

'13年11月 「心機一転、出直しだ!」
'13年11月 「心機一転、出直しだ!」
YouTube動画へ GO!

こちらをクリックしてください。
Youtubeに登録されている小柴ふあーむの動画へ
ジャンプしていきます。

全194枚 All rights reserved@北海道 小柴ふあーむ







今月のあれこれ


11月13日
初雪に続いた本格降雪
畑にびっしり積りました。
アスパラのテープ回収が
ギリギリ間に合いました!




雪の中
まだ最後のビニールハウスが
残っています。
がんばれ、自分たち!




ビニールハウスを下す前に
土作り。
来年の生育を決める
とっても大切な作業です。
どうです?
一年一年いい土に育ってますよ!




な〜んか変だなぁ。
フロントタイヤが
ない!
思い切ってタイヤ交換です。
今後10年は大丈夫、かな?




冬季除雪用燃料も
補充完了!
軽油なのに150円?!
補給ははだいたい100L単位
ググッとくる金額です(><




11月16日
最後のハウスを
ビニールを下しました。
これで少しほっとします。




道路情報は
常時こういう季節になりました。




満月が昇る
羊蹄山
雪が里まで下りてきて
ビシッとした空気が
張り詰めています。




11月18日
畑じゅうに散らかった資材を
集め始めました。
いよいよ収納庫に集積です。




機械たちも冬支度
除雪態勢に備えて
考えながら養生します。




トラクターも
足元がキリッと引き締まって
若返りました。
こちらも冬支度です。




たくさんの資材を
あたふたと片付けます。
毎年、引っ越しをやってるようなものです。
店を広げては片付ける。
その繰り返しです。




11月19日
どうだい、片付いたかい?
目処が立って
やっと表情が緩みました。




アスパラ畑も完全撤収!
支柱もすべて抜き切って
生い茂った茎たちも
土へ帰ろうとしています。
この期に及んでもなお
まだ色が生きている
その生命力に感嘆です。




なにも無くなった
小柴ふあーむの全容です。
なんか今年は
あっという間の出来事でした。




11月21日
一通りの工程を終えて
ランチで仕切り直しです。
お鮨屋さんのランチバイキング
手頃な値段でおいしいですよ。




代表がご機嫌な時は
こうしてオドケテくれたりします。
これはミス・パイロットの
堀北真希ちゃんと
ヘルメット姿較べをしているところ。
それ以上は触れませんが・・・。




11月23日
最後の圃場点検にて。
今年ひとシーズンを手伝ってくれた
次男坊との記念撮影。
この先、こんなことももう無いでしょう。
一生の記念になる写真かもね。




20歳の男性のからだに
触れたくて仕方のない代表です。
男性は、固まってしまいました。




これがアスパラの
最後の輝きだ!
倒れてもなお光を放つ
その執念に来年の豊作を
期待する!




11月24日
思えば北海道へ渡ってから
代表に北海道の良さを
実感させては来なかった。
辛いことばかりだった。
一念発起
慰安旅行に連れて行ってあげました。




鬼に
厄払いを頼みました。




閻魔様にも
厄払いを頼みました。




地獄から噴き上がる熱湯で
体を清めてもらいました。




豊かなお湯と 美味しいお酒に
体の中から清めてもらいました。




きちんとしたお宿に
泊めてあげられたのは
北海道へ渡って10年で
初めてのこと。
申し訳ない
苦労ばかりかけてしまった。




11月30日
畑への道も
いよいよ閉ざされました。
もうクルマでは
入っていけません。




冬の間の
業務スケジュール
季節アルバイトをしながら
本業準備を進めます。
夏以上の体力勝負かもしれません。




12月5日
私たちが暮らす地域に
地面はもうありません。
すべてが白く満たされました。




12月12日
冬将軍が
本気になりました。





今月もどうもありがとうございました。







北海道 小柴ふあーむ
「 届けます! 生きた季節を 畑から 」


私たちは
【育てる】【伝える】【届ける】生産者です。




心機一転、出直します!

人間は試練を迎えているときに
成長します。

まだ確証はありませんが
これまでとは違った心が
私たちの中に芽生えています。

それは
色々なものへの責任と
色々なことへの覚悟。

そして
時間に対する俯瞰した感覚。

今年は
起こることに対処するだけで
目いっぱいだった一年でした。

いま
一通りの工程を終えて
ちょっとだけ成長できた感じがします。

物事が起こる前に
どれだけ責任ある行動を取れているか。

物事が始ってから
どれだけ一心不乱に没頭できているか。

物事が終わりにさしかかり
どれだけ悔いなき心境に入られるか。

すべては
自分たちの責任。

すべては
天命。

受け止める覚悟の足りなさを知り
いままた
人間に磨きをかけている
そういうシーズン末です。







先月報告では
弱音を吐きました。

正直に
人間をさらけ出しました。

そして今月
頭をもたげて
前を睨み始めた
私たちがいます。

冗談じゃない!
このまま負けてたまるか!

今年の反省を
きちっと文章化して
心に刻みます。

そして
それを礎にして
新たに地面を蹴り出します。








皆さんからいただいた勇気
泥にまみれる代表
周りに頭を下げまくる私

勇気
なにも恰好の良いものでは
ありません。

泥くさくて
情けなくて
みっともないのが
実態です。

でも、勇気

守るべきものを
再確認した時こそ
勇気が生きてきます。

それを守るためなら
泥にもまみれるし
地面に頭もこすりつけるし
歯が折れるほど食いしばります。

守るべきもの
私たちの息子3人であり
代表の人生であり
お客様との信頼関係であり
私自身の健康であります。

守るべきもの
それを再確認できたからこそ
来年の私たちは
もっともっと
強くなれます。
磨かれ輝きます。








厄払いを済ませ
いま夫婦ともに
元気です!

冬の仕事が始まって
いつもと違う元気が宿ってます。

どうぞ ご期待ください!

来年の小柴ふあーむは
なにかが違います。

かならず
違います。











それでは、また
来年 お会いしましょう!

先月のお約束通り
すっきりした笑顔で
今年を締めくくります。







ことし一年
大変お世話になりました。

皆さんのおかげで
また一年を
畑で過ごすことができます。

どうかどちらさまも
よいお年を迎えられますように。

北海道ニセコの地から
お祈り申し上げております。

では新年一月まで
どうぞ御機嫌よう!









ありがとうございました!



こちらもどうぞ ご覧ください(^^









 





北海道 小柴ふあーむ
〒048-1302 北海道磯谷郡蘭越町昆布町114番地4号
Tel/Fax (0136)50-2025
メールでのお問合わせ :  info@koshy-niseko.com

すべての画像・文章・デザインの著作権は、 北海道 小柴ふあーむ に帰属いたします。
無断転載や利用の一切をお断りいたします。