'13年 7月 「夏メロン、頑張った!」







皆さん、こんにちわ!
北海道ニセコより 小柴ふあーむが
今年8回目の「小柴物語」を お届けします。

今月は 「夏メロン、頑張った!」 と題しまして
いよいよ旅立った夏の旬にまつわる
生きた季節をお届けいたします。


フェイスブック、ツイッター、ブログで
いつもご覧になっている方も
1ケ月500枚近い画像から
厳選した写真を
ダイジェストとして
ご覧いただけます。

どうぞお試しください!








「届けます! 生きた季節を 畑から」


私たちの畑は
皆さんの畑でもあります。

畑に流れる価値ある時間
それは皆さんも過ごした
生きた季節です。

皆さんが日々生きておられるように
私たちも畑で生きております。

場所は違えど 流れている季節は
同じものです。

北海道と日本全国を結び
畑に流れる価値ある時間を
皆さんのお手元へ届けます。

毎日のアップロードで
畑の様子をタイムリーにお伝えしていますが
どうか畑の価値ある時間と一体になってもらえますように
どうか皆さんの生きた季節を実感じてもらえますように
いつも見慣れたご自分のお庭のように
私たちの畑を感じていただければ幸いです。

私たちは【育てる】【伝える】【届ける】生産者です。










こちらで、毎日の畑の様子を
ライブでお届けしています。

フェイスブックって実名登録だから
怖いんでしょ?

いいえ、フェイスブックにある フェイスブック ページ
登録しなくてもご覧いただける
広報用のページです。

あなたの個人情報は何ら関係がありません。
どうぞ安心してご覧ください。

登録を聞かれても
スルーして先に進めば
小柴ふあーむのフェイスブックページで

ご覧いただけます。

「届けます! 生きた季節を 畑から」

毎日の畑をご覧いただくと
まるであなたが畑にいるような
疑似体験ゾーンを感じることでしょう。

私たちと畑を ご一緒しませんか?
畑のご案内は ぜひお任せください!
わかりやすく 豊富な画像と共に
ご紹介いたします。

皆さんのお越しを、お待ちしております。







今月のテーマ
「 夏メロン、頑張った! 」






7月中旬から
今年のメロンたちが
送り出され始めました。

そして8月6日から
待望の限定栽培
【樹上完熟 夏メロン】が
一斉に発送されました。





今年の春も
そして夏も
いろいろと苦労しましたが
こうしてお届けできることが出来ました。

頑張ったのは私たちというよりも
厳しい天候にも音を上げなかった
メロンたちだと思います。

本当に今年のメロンたちは
よく踏ん張りました。
よく頑張りました。
ほとんどが脱落せずに
ほぼ全員がゴールインしてきました。

凄いことなんですよ、これは。

生産者同士の情報交換でも
皆さん今年の春は苦労されています。
半数が脱落とか あるいは全滅とか
珍しくなかった今年の春なんです。

私たちもこれまで
春の低温には苦しめられてきました。
半分が脱落とか 私たちもそうでした。
その度ごとに反省点を整理して
保温方法を工夫して 肥培管理を変更して
寒さに強い栽培へと
進化させてきました。

今年のメロンたちは
その進化に見事に応えてくれました。

私たちはキッカケを与えたにすぎません。
与えられた条件の中で
頑張ったのは この子たち
メロンたちなんです。

さあ、今年の夏の旬が旅立った
7〜8月の畑をまとめました。

どうぞご覧になっていってください!




今月のフラッシュ

ここまで充実してきた
今年の畑の様子を
どうぞご覧ください。
苗がいっぱい、芽がいっぱい、実がいっぱい
畑中に命が満ちています。

'13年 7月 「メロンたち、頑張った!」
'13年 7月 「メロンたち、頑張った!」
YouTube動画へ GO!

こちらをクリックしてください。
Youtubeに登録されている小柴ふあーむの動画へ
ジャンプしていきます。

全343枚 All rights reserved@北海道 小柴ふあーむ







今月のあれこれ


7月15日
今年の初メロンが
品質検査に掛かり始めました。
糖度14度からのスタートでした。
まずまずの滑り出しです。




メロンハウスへの給水は
畑に張り巡らされた
2インチ管で配送されます。
直径50ミリですが
家庭用水道管の4倍の
給水能力があります。




7月12日
アスパラ畑の立茎が
本格化しました。
間もなく畑一面が
アスパラの茎葉で充満してしまいます。




7月13日
4ヶ月半の長期入院を経て
相棒のトラクターが返ってきました!
こいつが居なかった為に
今年の経営は絶望的だったのですが
心ある支援者の計らいで
なんとかかんとか
ここまでやって来られました。




暑くなってくると
虫たちも活発に繁殖し始めます。
作物を食い荒らす害虫ですが
多少の取り分は認めることにしています。
病害虫を潔癖に淘汰しようとすると
自然とのバランス、経営のバランスが
著しく崩れますから。




今年のベストショット候補の一枚
取れたての玉を見つめる代表は
旦那には見せぬほどの
柔和な表情となりました。




7月15日
初メロンの検査で取り出した
テストピースです。
糖度、食味ともOKです。
と、ここまでは良かったんです。
ここまでは・・・




今年もこれが避けられなかった・・・。
劣果 と申します。
メロンのお尻がパクンっと割れてしまいます。
子の玉はもう使い物になりません。
廃棄処分です。




この現象は、厳しい春を潜り抜けたメロンに
生じやすい障害です。
収穫時期に向けて気温が上昇すると
春の寒さに耐えた力強い根っこが
逆に仇となるのです。
玉の許容力以上に膨らむのです。




7月15日から続々と
素晴らしい玉たちが
送り出され始めました。
でもこれらは直接のお客様には
お届けしません。
特別栽培のみをお届けしますので。




7月20日
定植から間もなく1カ月を過ぎる
メロン屋のかぼちゃ
生育がいよいよ加速してきました。
ここからの爆発がすごいんですよ。




夏メロンは8月10日に向けて
順調に仕上がっていました。
初メロンの反省を生かして
遮熱ネットをかけて
玉肥大を穏やかにしました。
その分、ネット完成度は不利になるのですが
割れてしまうよりはマシです。
暑過ぎる夏も北海道のメロンには考え物です。




7月27日
かぼちゃの花が
ぼちぼち咲き始めました。
予定より1週間も早い!
暑さのせいでアブラムシも発生中
しかし受粉中は防除できません。




これが寒さを潜り抜けてきた
頑張りぬいたメロンたちの根っこです。
すんごいモッシャモシャ!
受け取った苗はひ弱だったことを考えると
今年の肥培管理が当たりました。




7月22日
先行していたメロンたちの後片付け
強い樹を育てると
後片付けも大変になります。
硬くて重い残骸にヒーコラです。




8月6日
いよいよ夏メロンの収穫開始です。
ワタの部分がクリーム色っぽくなる
上手に糖度が上昇しているサインです。




夏メロンの糖度は
16度からスタートでした。
最終的には17度近くまで上昇
さすがにここまで来ると
別な問題が心配になります。
つまり日持ちが悪くなるんです。
そして後味が悪くなる。
ものには加減がありますが
これも寒い春に鍛えられた根っこの
弊害となってしまいました。




8月7日
さぁ、まん丸とプクプクと膨らんだ
ズッシリ鉛のように重たいメロンを
お届けしますよ!
日本中の方々、お待たせしました!




お手紙を添えて
いってらっしゃい!
すべての箱にメッセージを同封しています。




この赤い箱が
小柴ふあーむの生きた季節を
運んでくれます。
ヤマトさんの荷台でも
ひと際の存在感です。
そりゃそうです、魂が籠ってますから。




隣接する宿泊施設「幽泉閣」で
週末限定アウトレットセールを
始めました。
せっかく当地を訪れた方たちに
私たちの味を持ち帰っていただく狙いです。
これが御縁となり 早速新たなお付合いが
いくつも始まりました。




「超熟」
市場流通では出せないほど
じっくりとぶら下げた逸品です。
生産者しか知らないこの味を
予約販売だからこそ
お届けできています。
甘さより 旨さを
実感していただいてます。




8月12日
頑張り続けた夏メロンが
命を終えました。
3月30日に種を播かれ
4ヶ月半の付合いでした。
ありがとう




夏メロンに対して
早速いただいた御礼状!
嬉しいのはもちろんですが
こちらの方が恐縮してしまいます。





今月もどうもありがとうございました。







北海道 小柴ふあーむ
「 届けます! 生きた季節を 畑から 」


私たちは
【育てる】【伝える】【届ける】生産者です。




今月も頑張って
畑の様子をまとめましたが
いかがでしたか?







メロンを育てて思いますが
どんなに小さな玉でも
どんなに不細工な玉でも
時間をかけてじっくりと育てれば
必ずイイ所まで到達して来ます。

これは人間様がもっと
見習わなければいけないことだと
常々思っています。







元はみんな同じ
一粒の種です。

播かれた場所で微妙に違う発芽条件
鉢上げ作業での傷の付き方
育苗管理で座らされる場所の運・不運
ハウスの中で植えられる場所
寒くて暑い厳しい場所で頑張る子もいれば
安定した場所でのびのび育つ子もいる
出来上がりもやっぱり異なってしまうけれど
最後の最後までぶら下がる根気があれば
それ相応にきっちりと出来上がってきます。

まさに、根気です。



「届けます! 生きた季節を 畑から」

私たちは
【育てる】【伝える】【届ける】生産者です。




作物から教えられることは
たくさんあります。

ものは言わないけれど
体全部で訴えかけてきます。

ご機嫌な時 不機嫌な時
調子いい時 苦しい時
かまって欲しくない時もあれば
助けを求めている時もあります。

作物が私たちに訴えかけてくる声
それも生きた季節の一つだと思います。

この子たちの声を
価値ある時間の一部として受け止め
皆さんへお伝えして共有する。

私たちが戴いて 届けるものは
作物だけじゃありません。
皆さんと私たちで共有する
価値ある時間
すなわち、私たちが過ごした
生きた季節を
この子たちに代弁してもらうことで
旬の意味を確かめられればと
願っています。







「夏メロン、頑張った!」

いかがでしたか?


皆さんも今年前半を
頑張られたはずです。
御盆休みを様々なところで
過ごされていることでしょう。

ご自宅 ご実家
静養先 行楽先
お仕事で 家族サービスで

いろいろな局面と状況で
過ごされていることでしょう。







みんな、それぞれの場所で
それぞれの立場で
それぞれ頑張っていますよ。

頑張っている時には
孤独を感じるかもしれません。
いや、そんな邪念を感じないほど
頑張っていることもありますね。

何かのタイミングで
ひょんなきっかけで
ちょっとだけ 道程を確かめてみましょう。
そしてまた、歩み始めましょう。

私たちのお届けするこども達が
そのきっかけになれれば
最高の仕事だと考えています。







それでは、また
来月お会いしましょう!

来月はいよいよ
【樹上完熟 秋メロン】
収穫直前の時期ですね!

もうご予約はお済ですか?

【樹上完熟 秋メロン】は
ただいま第2次肥大に入りました。
硬くなった皮を 内側からの圧力で
バキバキ ピリピリと割りながら
本格的な成長に入り始めるところです。





夏メロンの結果から申しますと
秋メロンも根っこが強く張ってる様子です。
とても力強い成長を見せてくれています。

夏メロンを見逃された方には
秋メロンは最適です。

秋のお彼岸にバッチリと
ぶつけていきますよ!

ぜひご検討いただければと思います。


ショッピングカートは
こちらにご用意してあります。
お手軽にサクッとご注文
カンタン便利に工夫してあります。





たくさんのお問合せを
心よりお待ち申し上げております。



それでは みなさん
暑い夏を元気に乗り切りましょう!
来月まで ごきげんよう








こちらもどうぞ ご覧ください(^^









 





北海道 小柴ふあーむ
〒048-1302 北海道磯谷郡蘭越町昆布町114番地4号
Tel/Fax (0136)50-2025
メールでのお問合わせ :  info@koshy-niseko.com

すべての画像・文章・デザインの著作権は、 北海道 小柴ふあーむ に帰属いたします。
無断転載や利用の一切をお断りいたします。