'13年 6月 「前半戦終了!夢みたい」







皆さん、こんにちわ!
北海道ニセコより 小柴ふあーむが
今年7回目の「小柴物語」を お届けします。

今月は 「前半戦終了!夢みたい」 と題しまして
ここまで漕ぎ着けた感慨を
お届けいたします。


フェイスブック、ツイッター、ブログで
いつもご覧になっている方も
1ケ月500枚近い画像から
厳選した写真を
ダイジェストとして
ご覧いただけます。

どうぞお試しください!








「届けます! 生きた季節を 畑から」


私たちの畑は
皆さんの畑でもあります。

畑に流れる季節は 価値ある時間です。
皆さんのお住まいと同じ季節が
ここの畑でも流れています。

皆さんが日々生きておられるように
私たちも畑で生きております。

場所は違えど 流れている季節は
同じものです。

北海道と日本全国を結び
畑に流れる価値ある時間を
皆さんのお手元へ届けます。

毎日のアップロードで
畑の様子をタイムリーにお伝えしています。
どうか畑の季節と一体になってもらえますように
どうか季節に価値ある時間を感じてもらえますように

いつも見慣れたご自分のお庭のように
私たちの畑を感じていただければ幸いです。

私たちは【育てる】【伝える】【届ける】生産者です。










こちらで、毎日の畑の様子を
ライブでお届けしています。

フェイスブックって実名登録だから
怖いんでしょ?

いいえ、フェイスブックにある フェイスブック ページ
登録しなくてもご覧いただける
広報用のページです。

あなたの個人情報は何ら関係がありません。
どうぞ安心してご覧ください。

登録を聞かれても
スルーして先に進めば
小柴ふあーむのフェイスブックページで

ご覧いただけます。

「届けます! 生きた季節を 畑から」

毎日の畑をご覧いただくと
まるであなたが畑にいるような
疑似体験ゾーンを感じることでしょう。

私たちと畑を ご一緒しませんか?
畑のご案内は ぜひお任せください!
わかりやすく 豊富な画像と共に
ご紹介いたします。

皆さんのお越しを、お待ちしております。







今月のテーマ
「 前半戦終了!夢みたい 」






つい4ヶ月前に
ここまで育ってくれるハウスを
想像できたでしょうか?

トラクターを取り上げられ
にっちもさっちも行かなくなった
今年の始まりでした。

目の前が真っ暗になり
気が遠くなったものです。

それがどうでしょう!
いまハウスの中にはメロンたちが居並んで
アスパラはイイ芽を出してくれて
手入れも存分にさせてもらい
かぼちゃだってズラリと一列に
緑の行進を始めました。





はぁ、思えば遠くへ来たもんだ

一歩一歩 困難を潜り抜けて
辿り着いた今年の夏です。

畑の仕込みはすべて完了
これから収穫戦争が始まる7月です。

夢のような いま

畑を作れること
苗を植えられること
樹の手入れを出来ること
そして 収穫が許されること

すべては自分一人でやってるわけじゃありません。
人の助け 天の助け 科学の助け
自惚れてはいけないという啓示だったのでしょうか

今月はそんな視点で
報告をまとめてみました。
どうぞお楽しみください。




今月のフラッシュ

ここまで充実してきた
今年の畑の様子を
どうぞご覧ください。
苗がいっぱい、芽がいっぱい、実がいっぱい
畑中に命が満ちています。

'13年 6月 「前半戦終了!夢みたい」
'13年 5月 「春を飛ばして 夏が来た!」
YouTube動画へ GO!

こちらをクリックしてください。
Youtubeに登録されている小柴ふあーむの動画へ
ジャンプしていきます。

全245枚 All rights reserved@北海道 小柴ふあーむ







今月のあれこれ


6月15日
【樹上完熟 夏メロン】
花が咲きました。
この房が大きくて重くて
おいしい実に育ちます。




6月16日
【樹上完熟 秋メロン】
畑に降りました。
これから収穫までの約3ヵ月間
ここで地面とつながって
命を全うします。




6月18日
【メロン屋のかぼちゃ】
芽が出ました。
3ヶ月半の命の始まりです。




秋メロンから かぼちゃまで
育苗ハウスはラッシュ状態でした。
いったん全部が出払った後で
7月になれば極遅メロンの苗で
溢れ返ります。




6月19日
なぜだか分りませんが
今年のアスパラ畑には
テントウムシがたくさんいます。
益虫なので何よりですが
餌となる害虫が多いのか?




育苗ハウスに忍び込んだ
おそらくはキツネの仕業でしょう。
大切な苗たちを蹴転がしています。
昨年から畑の近くに住みついているようです。




6月20日
【畑のグリーンアスパラ】
「二番芽」
今年のチャンピオンは これ!
クルマのシフトノブ並みの太さでした。
1本で100g以上、スーパーの一束は
150gです。




【畑のグリーンアスパラ】
お客さまからの
うれしい便り。
80歳を超えた方にも関わらず
しっかりとアスパラ生食いをされて
小柴のアスパラをダイレクトに感じていただけました。
この方は、完全な代表のファンです。




6月22日
【樹上完熟 夏メロン】
開花から1週間で
ここまで膨らみました。
着果初期の肥大スピードは
目を見張るほど早いです。




6月21日
【メロン第1ハウス】
先頭を走るメロンたち
ネットが本格的に入り始めました。




6月21日
【畑のグリーンアスパラ】
今年の芽は締りが良くて
味も長持ち
「二番芽」から「名残芽」まで
連続して発送し続けました。




6月21日
【メロン屋のかぼちゃ】
畑準備が進んでいました。
「海のミネラル堆肥」を撒いて
有機肥料を振って
追加の栄養剤を仕込んで
機械で細かくほぐして混ぜ返し
さて次の工程は?




6月23日
【メロン屋のかぼちゃ】
苗を植えるベッドが作られました。
ゲリラ豪雨にも対応できるように
地面から2段盛りで嵩上げして
根っこを守る工夫がなされています。




6月23日
【メロン屋のかぼちゃ】
定植が始まりました。
2回に分けて1500株を
畑に降ろします。




6月25日
畑の気温は30℃に
ハウス内は35℃に達します。
豪快に給水し続けなければ
体温調節が間に合いません。




6月27日
暑くなると虫も活発化します。
バッタやケムシ
大切な苗や樹の葉っぱを
遠慮なく食べ始めます。




6月30日
【畑のグリーンアスパラ】
「名残芽」最後の発送となりました。
昨年より多くのお客さま方に
御贔屓いただきました。
本当にありがとうございました。




7月1日
【樹上完熟 夏メロン】
第1次肥大が終わりに差し掛かり
玉選りを潜り抜けたエリートたちが
お皿を敷いてもらいました。




7月4日
第4次救援トラクターを
貸してもらえました。
これでアスパラ畑の手入れが
出来そうです。




7月5日
【畑のグリーンアスパラ】
収穫を終えて 追加の肥料と堆肥を
地下50cmへ空気と一緒に送り込む
大切な作業に入りました。
古い根っこを切り 新しい根っこを促します。




【畑のグリーンアスパラ】
溝幅20cmで土をすくい上げて
周りの土を中へ崩していきます。
地盤を破壊してあげると
降雨と日射の繰り返しで
土が呼吸をしやすくなります。




【畑のグリーンアスパラ】
地盤破壊から間髪を入れずに
土の塊を細かく砕いて均します。
表面は細かく 深いところは粗く
排水と保水の両立を図ります。




7月8日
畑の気温は35℃に迫り
命の危険を感じた私たちは
午前11時に一時避難しました。
現場に戻れたのは午後3時過ぎです。
一度ダメージを受けてしまうと
体力回復に予想以上の時間がかかります。




7月9日
本州方面からの梅雨前線の残党が
北海道を覆いました。
湿度90%
どこが雲で霧なのか
境目が分らぬほどのモヤでした。




【メロン第1ハウス】
よくぞここまで育ってくれました。
古い葉っぱに代わり
新しい葉っぱが生い茂り
最終盤の熟成作業を助けてくれます。




【メロン屋のかぼちゃ】
先を走る苗と 後を追う苗
いずれも地面とつながりました。
後を追う苗も 芯を止めて
横から腕を伸ばすまで体力をつけました。





今月もどうもありがとうございました。







北海道 小柴ふあーむ
「 届けます! 生きた季節を 畑から 」


私たちは
【育てる】【伝える】【届ける】生産者です。




今月も頑張って
畑の様子をまとめましたが
いかがでしたか?







先頭バッターの メロン第1ハウス
7月20日頃に収穫予定です。

本当に夢のようですね。

もう一度
メロン第1ハウスの道程を
辿ってみましょうか・・・



















「届けます! 生きた季節を 畑から」

私たちは
【育てる】【伝える】【届ける】生産者です。




2月下旬に始まった
今シーズンの作業も
ちょうど半ばを 折り返しました。

トラクターが取り上げられてから
すでに5ヶ月
実はまだ
帰って来ていないんです。

でも第1次から第4次まで
救援トラクターをなんとかお願い出来て
ここまで到達できました。

毎年、初物メロンは
1年間お世話になった方々へ
お届けしているんです。

今年はこの前半戦を
物心両面で支えてくださった方たちへ
お届けしたいと思います。

初物メロン
この意味を分かる方たちだからこそ
お届けしたくなるんです。

この意味を分かる方たちだからこそ
折れそうな心を
支えてくださったんだと思います。

大丈夫
心は折れませんでした。
志ある方たちへの責任を
少しは果たせそうです。







「前半戦終了!夢みたい」

いかがでしたか?

6月
あまり記憶が残らないほど
多忙の渦中で奮闘しました。

アスパラ、メロン、かぼちゃ
すべての作業が重なる
6月でした。

こうして月報を編集していることは
時として大いなる負担となりますが
流れていく季節を定着させるのに
とても大切なルーチンとなっています。

写真をもとに その場の心情を記録する
すなわち季節の記録であり
人生の記録になります。

この積み重ねが
小柴ふあーむの大切な価値
皆さんと共有したい季節は
なにも今だけけではないんです。

1年、2年・・・
いや、この10年間
これからの10年間

皆さんとともに共有する季節を
この畑で積み重ねて
私たちの独自の味わいを
作物の中に閉じ込めていきましょう。

そういうつもりで
毎月の報告を
まとめています。











それでは、また
来月お会いしましょう!

来月はいよいよ
【樹上完熟 夏メロン】
一斉発送の時期ですね!

もうご予約はお済ですか?

【樹上完熟 夏メロン】は
ただいま第2次肥大の真っ最中
硬くなった皮を 内側からの圧力で
バキバキ、ピリピリと割りながら
毎日、玉は成長を続けています。





今年の夏の天候なら
きっと素晴らしい玉に
仕上がってくれるでしょう。

これまでで最も好評だった品種で
1回限りの夏メロンです。






ショッピングカートは
こちらにご用意してあります。
お手軽にサクッとご注文
カンタン便利に工夫してあります。





たくさんのお問合せを
心よりお待ち申し上げております。



それでは みなさん
暑い夏を元気に乗り切りましょう!
来月まで ごきげんよう








こちらもどうぞ ご覧ください(^^









 





北海道 小柴ふあーむ
〒048-1302 北海道磯谷郡蘭越町昆布町114番地4号
Tel/Fax (0136)50-2025
メールでのお問合わせ :  info@koshy-niseko.com

すべての画像・文章・デザインの著作権は、 北海道 小柴ふあーむ に帰属いたします。
無断転載や利用の一切をお断りいたします。