'13年 5月 「春を飛ばして 夏が来た!」







皆さん、こんにちわ!
北海道ニセコより 小柴ふあーむが
今年6回目の「小柴物語」を お届けします。

今月は 「春を飛ばして夏が来た」 と題しまして
いきなり進んでしまった季節を中心に
お届けいたします。


フェイスブック、ツイッター、ブログで
いつもご覧になっている方も
1ケ月500枚近い画像から
厳選した写真を
ダイジェストとして
ご覧いただけます。

どうぞお試しください!








「頑張るあなたに、畑の生き様で勇気を届ける」


私たちの畑での在り様が
皆さんの勇気づけになれば
それはとても嬉しいことだなと思い
メッセージを定めてきましたが
先月もお伝えしましたように
伝わり方がどうも弱くて
そして伝わりきっていない気がして
見直しを考え続けてきました。

主語は「私たち」ではなくて
「皆さん」 であり 「あなた」
でなければ伝わりませんよね?

もっと本質に近付きたくて
考えて考えて 考え続けて
出した結論がこの様になりました。


「届けます 生きた季節を 畑から」


小柴ふあーむの一大特徴 それは
積極的かつ豊富な 情報提供です。

なぜなら
小柴ふあーむのファンの皆様には
畑の時間と空間を
ぜひ共有して欲しいからです。

かねてより ずーっと申しているように
お届けしたいのは
農産物だけじゃないのです。

農産物はあくまでも媒体です。

では何を伝えるかというと?
畑の命と 畑に移ろう季節
そして 明日への勇気です。

忙しくて ストレスフルな日々に
季節の流れなどを 見逃してしまいます。
毎日懸命に責任を果たそうと
必死に生きておられる方々に
遠く離れた北海道の畑から
毎日を疑似体験できるほどの情報と
画面の向こうから飛び出してきたかのような
実際に届けられる 畑の命。

見逃してしまった あなたが生きた季節
農産物を介してそれをを取り戻し
明日からもまた頑張ろうか、と言える
勇気を取り戻す。

小柴ふあーむは
そういう価値をお届けすべく
毎日の仕事に取り組んでいます。


「届けます 生きた季節を 畑から」


忙しい日常で見逃した季節を
小柴ふあーむのこども達を使者として
手にとってお確かめください。

あなたが頑張っていた時は
畑でも作物たちが頑張っていました。

畑の結実は 同じように
あなた自身の結実でもあります。

ご自身の結実を
小柴ふあーむのこども達で
ぜひお確かめください。

頑張って生きていた あなただからこそ
分かっていただける価値だと
信じております。










こちらで、毎日の畑の様子を
ライブでお届けしています。

フェイスブックって実名登録だから
怖いんでしょ?

いいえ、フェイスブックにある フェイスブック ページ
登録しなくてもご覧いただける
広報用のページです。

あなたの個人情報は何ら関係がありません。
どうぞ安心してご覧ください。

登録を聞かれても
スルーして先に進めば
小柴ふあーむのフェイスブックページで

ご覧いただけます。

「届けます 生きた季節を 畑から」

毎日の畑をご覧いただくと
まるであなたが畑にいるような
疑似体験ゾーンを感じることでしょう。

私たちと畑を ご一緒しませんか?
畑のご案内は ぜひお任せください!
わかりやすく 豊富な画像と共に
ご紹介いたします。

皆さんのお越しを、お待ちしております。







今月のテーマ
「 春を飛ばして 夏が来た! 」






いつまでも雪が降っていた4月
それに比べて一気に晴れ続きの5月
ジェットコースター気候です。





4月の寒い時期に
畑の苗たちは一生懸命に
根を張り続けていました。

5月の好天で
その根が活かされています。
雌伏の時を我慢して過ごしたから
この好天を 目一杯受け止められるのです。

私たち作業員は それは体にこたえていますが
これもうれしい悲鳴というもの。
発育不良だった我が子たちが
健康優良児になったような嬉しさです。

今月の報告をどうぞお楽しみください。




今月のフラッシュ

急激な天候の好転と
それから始まる てんやわんやの大騒ぎ
きつくも楽しい畑の様子を
どうぞご覧ください。

'13年 5月 「春を飛ばして 夏が来た!」
'13年 5月 「春を飛ばして 夏が来た!」
YouTube動画へ GO!

こちらをクリックしてください。
Youtubeに登録されている小柴ふあーむの動画へ
ジャンプしていきます。

全280枚 All rights reserved@北海道 小柴ふあーむ







今月のあれこれ


5月12日
まだ雨が降って寒かった。
畑準備がうまく進まず
地域中が悶々としていたころです




雨の間を縫って
アスパラ畑に堆肥をたっぷり補充
「海のミネラル堆肥」が
今年も届きました。




5月14日
定植から23日を経て
メロン第1ハウスがやっと
手入れ可能な状態になりました。
暗くて寒くて 育てなかったんです。




5月15日
アスパラ「初芽」が
頭を出し始めました!
いつもより10日近く遅いけど
今後の天気に期待です。




代表へ捧げる一輪の花
いつも頑張っていますから。
「母の日」にはちと遅いけどね




5月19日
我が家の標本木で
開花が確認されました。
やはりいつもより
10日以上遅いですね。
これからやっと春!って感じです。




桜が咲くというのに
山はまだスキーが出来る状態です。
今年のゲレンデ状態は
長い期間にわたり良好でした。




5月23日
初収穫品をいただきました。
初収穫は傷だらけで歩留が悪いので
いつも製品には回せないのです。
いや、歯茎がかゆくなるほど
濃い味でした。




5月24日
アスパラ「初芽」が
最盛期を迎えていました。
「初芽」としては新記録となる
長期間に亘る萌芽でした。




5月24日
ニセコ近隣の桜が
満開を迎えました!
待ちに待った春、という感じで
地域もなんかざわめいていました。




お客様へのご案内状が
一つ一つ帰ってくる。
これが私たちの勇気の源です。
メッセージ付きなので
畑を共有できている実感が湧いてきます。




5月20日
畑にあった雪も
最後の塊が消えて行きました。
いくら降っても時期が来れば消える。
あれほど怖くて憎らしかった雪ですが
ちょっと寂寥感も沸いてきます。




アスパラ「初芽」に
思わず顔がほころぶ代表です。
そりゃ嬉しいっさぁ
二人で協力して
去年の夏から手入れしてきた
その結果ですもん!




5月25日
アスパラ「初芽」 発送開始!
例年より2週間遅れですが
芽の充実度は最高でした。




たっぷりの「初芽」
搬送用ボートに山積みです。
一度でも召し上がったお客様が
もしこの写真をご覧になったら
間違いなく 垂涎の的でしょうね。




畑を手伝ってくれている息子も
アスパラ生食いをします。
若い彼の味覚はピュアそのもの
細かい変化もよく感知してくれます。




デンデンムシ
そして ナメクジ
アスパラを食害します。
表面を舐めたようにかじって
芽はグンニャリと曲がります。
一番よい対処方法は
除草剤を積極使用して
草を無くすこと。
我が家の畑が草だらけなのは
ご存知ですよね・・・




5月31日
メロン第1ハウスの花が
咲きました。
予定より10日遅れの開花です。




6月1日
気温が急上昇し始めました。
15℃近辺だったのが
いきなり25℃以上へ
ジャンプしました。




6月2日
エゾハルゼミが現れました。
25℃以上になると鳴き始める
北海道に初夏を伝えるセミです。




羊蹄山の雪も 残りわずか
山影が霞んできたのは
気温上昇の証です。




6月2日
「樹上完熟 秋メロン」
苗立てが始まりました。




6月5日
「樹上完熟 秋メロン」
畑準備が進んでいます。
トラクターの修理は未だ終わらず
有志ある諸先輩のおかげで
畑作りは何とか進められています。
人の助け方を教えてもらってます。




6月8日
そろそろ雨が欲しい!
夕陽に光る雲を仰ぎ
代表が雨乞いの儀式を
執り行いました。




6月10日
メロン第1ハウス
摘果と皿敷きを迎えました。
初期の遅れにも関わらず
二期作での多様な経験で
生育をここまで盛り返しています。




6月12日
ハウスの中は30℃を越え
代表の管理作業も
苛酷さを増しています。
我慢強く 根気強く




6月13日
メロン屋のかぼちゃ
種が播かれました。
発芽まで5日
収穫まで3カ月の道程です。




6月13日
「樹上完熟 夏メロン」
花が咲きました!
花は1日限りの命で
蜜蜂に受粉を助けてもらいます。
人間でいえば この日が
妊娠1日となります。




高温続きで生育が早まり
メロンの管理作業が間に合いません。
代表とともに日没後も
仕事に励んでいます。




それでもアスパラ「二番芽」は
元気よく飛び出してきます。
とても力強い
今年のアスパラたちです。





今月もどうもありがとうございました。







北海道 小柴ふあーむ
「 届けます 生きた季節を 畑から 」


私たちは
育てる、伝える、届ける農家です。




沢山の方に畑の時間を共有して頂くために
伝える手間を惜しみません。

育てて 届ける農家なら
日本中に数多ありますが
伝える努力を徹底的にする農家は
そう多くないと思います。







私たちのホームページ
フェイスブックやブログ
ツイッターをご覧いただけば
畑の様子が 北海道ニセコの様子が
手に取るように分かっていただけます。

今朝のアンヌプリはどうかな?
メロンは育ったか?
かぼちゃは植えたか?
アスパラはまだ出ているか?
代表は今日もご機嫌かい?

畑を囲んだそんな色々が
正直に タイムリーに
提供されています。










「届けます 生きた季節を 畑から」

私たちは
育てる、伝える、届ける農家です。




本質を考え続けて
辿り着いた結論です。

畑から取り上げた命は
結実という名の過去です。

農産物をお届けする実態は
過去をお届けすることに
他なりません。

しかし、結実という過去を口にすると
不思議なことに
勇気とか元気という名の
未来が膨らみます。

膨らむ未来が 膨らみやすいように
私たちは過去を丁寧に
出来るだけお伝えします。

結実という過去を食べて
勇気という未来を膨らます。
そこに伝える努力が伴えば
膨らむ勇気は 膨らむ未来は
化学反応のように広がります。

私たちは
そんな仕事がしたくて
ここに居ます。

どうかお一人でも多くの方々に
思いが伝わりますように・・・。







「春を飛ばして 夏が来た!」

いかがでしたか?

いま畑はてんてこ舞いの忙しさです。
遅れていた生育が一気に回復して
各ハウスの作業が重なりました。

でも、あの苗でよくここまで
育ってくれたものだ。
今年の外注苗は
これまでのより虚弱で
寒さと日照不足で
相当痛めつけられました。

それを思えば
この忙しさは贅沢な時間

今が忙しいということは
結実も期待できるのですから。

頑張って乗り切って見せますよ!











それでは、また
来月お会いしましょう!

来月はメロンの収穫直前情報が
テーマを賑わせることでしょう

季節は確実に進んでいます。
また畑の便りをお届けしますね。

それでは ごきげんよう








こちらもどうぞ ご覧ください(^^









 





北海道 小柴ふあーむ
〒048-1302 北海道磯谷郡蘭越町昆布町114番地4号
Tel/Fax (0136)50-2025
メールでのお問合わせ :  info@koshy-niseko.com

すべての画像・文章・デザインの著作権は、 北海道 小柴ふあーむ に帰属いたします。
無断転載や利用の一切をお断りいたします。