小柴家の風景
'06年 8月 「内地並み」

「駒苫で 暑さも熱さも 内地並み」


北海道より 小柴です。
今年の8月も、北海道は高校野球で盛上がりました。
以前には信じられない事ですが
三連覇などという一大事を期待して
世間全ての耳目を集めていました。

初優勝だけでも凄いのに
三連覇なんて 一体どこの代表かと
北国のハンディを知る世代としては
なんの事やら? という状態です。

斎藤投手が「ハンカチ王子」と評判となりましたが
北海道では田中投手を「手ぬぐい番長」とも言ってました。
「ハンカチ王子」 vs.「手ぬぐい番長」
結果は王子様の勝ち、でしたね。



今年の夏は、暑かったぁ!
30℃超を7月から連発し
8月のお盆を過ぎても まだ真夏日が続きました。
地球温暖化の症状が顕著でして
北海道にいても 内地並みの気候がやってきます。
「エアコン 欲しいィ〜」
と今年は本当に思いました。



今月のテーマは
「内地並み」
いろいろな意味で
北海道らしくない光景がありました。
これからは それが普通の光景となるのかも
もしそうなったら 嬉しいこともあるし
いや困ったなぁ ということもある。
それぞれどんなだったか
ちぃーとばか 覗いていけば いいらぁー!







1.この暑さは 内地並み





雑草が伸びて来れない
それほどまで 暑く乾いた夏でした。
7月中旬に始まった 夏
8月下旬まで 雨ナシ!
圃場の雑草ですら成長しずらい
それほど厳しい気候でした。



ハウスの中
暑い じゃなくて 熱い!
午前中の数時間しか耐えられない
熱中症ギリギリで逃げ出す
その限界での仕事が続きます。
まるで 逆低温冷熱試験です。



一にもニにも 水分補給
2リットル瓶が あっちゅう間にカラ!
ドリンク代もバカにならないので
実は中身は自作ドリンク。

ポッカレモン  大さじ1杯
塩  小さじ1杯
砂糖  小さじ2杯

塩分と糖分の補給は
欠かせません。
吉村昭 「高熱随道」 に
坑道作業員が塩水を飲みながら
体力を維持するくだりがあります。
さながらその世界を 疑似体験しています。
高血圧? 動脈硬化?
その前に 体内の浸透圧を適正にせねば
死にます。



緑肥すら 上手く育たない
難しい畑です。
夏 この草いきれ 伝わりますか?
ムワァーッ
素晴らしく 鬱陶しい 夏 実感



緑肥 鋤き込みます。
有機質を土に含ませ 畑に変えます。
高さ1.5mに達しようとする 緑肥
それでも十分な量とはいえません。
緑肥を薙ぎ倒し 耕転するたびに
茂みから湧き上がる 無数の虫達
トラクターの熱を感知して
群れ回る 親指ほどのアブ

夏の鋤き込み
エンジン排熱と草いきれ
アブと土埃と 蛇とカエル

北海道らしくねぇなぁ 今年の夏







2.会話が 内地並み

8月  お盆
お勤めの方々が 一斉に夏休み
帰省  旅行  冷やかし
我が圃場に 何組ものお客さんが
お越しになりました。



元会社の先輩
元住所のお友達
近所のお客さん
学生時代の友人

みんな私たちのことを思ってくれる
ありがたい人たち



もう40歳をとうに過ぎているのに
バイクを見れば 後ろに回ってしゃがみこむ
思わずタイヤの減りを 見たくなるんだよね
それって20数年前と 何ら変わらず

変わったのは
前頭部のフラッシュサーフェイス化
Cd値と被視認性が 向上しております。



ホンダ、ヤマハ、カワサキ
どれも旧車に入るバイクたち
乗ってる人も 旧車レベル



さっそく温泉入って 生ビール
焼肉食って 生ビール
喋って喉渇いて 生ビール



「日本の少子高齢化はだなぁ」
「いや技術の世界っつうのはなぁ」
「ケーザイのグローバル化と人口爆発はさぁ」
「そりゃぁ大変だわ 明日から生き方変えねぇとな」
「ところで パールハーバーのゼロ戦の塗装は許せねぇ」
「トラトラトラの魚雷投下シーンはすげぇよな」
「それより大和の大きさはですねぇ」
「あぁ 陸奥の砲塔もすげぇぞぉ」
「江田島にあるんだよなぁ」
「誉エンジンの図面がですねぇ」
「そぉそぉ B29ってえれぇ小いせぇのよ」
「ムスタングの成功の秘密はですねぇ」
「戦争は勝てば官軍だよなぁ」
「だなぁ スケボーで てっころんでよ」
「旋回半径はさぁ やっぱタイヤ径でな」
「あそこで足つくから転ぶんだぁ」
「でも全日本選手権に出るんだろぉ?」
「したっけ北海道に転勤なんだわ」
「あいつ単身赴任でさ」
「そぉなのよぉ 教育環境劣悪なのよねぇ」
「これ 増毛の国稀 うまいっすよぉ」
「うわっ ジュースみたい」
「だから国力というのはさぁ」
「すげぇフネ 造ったもんだよなぁ」

ぎゃはははは



「ところで おまえなんで農家やってんのよぉ」
「いやぁ 会社で使いもんにならなくてさぁ」
「そりゃ おまえらしいなぁ」
「それにしても 奥さん大変ねぇ」
「ほんとよねぇ もう呆れて もの言えんわ」
「えらいわよねぇ ほんとうに」
「やっぱ組織っつうのはよぉ」
「そうだよなぁ どっかで仕掛けねぇとなぁ」
「日本人の悪い癖だよなぁ 横並びって」
「出る杭は打たれるのよ」
「でも出過ぎた杭は簡単には打たれねぇべ」
「でもよぉ 出過ぎて抜けちまった杭は自分で立ってらんねぇぞ」
「なら農家やるしかねぇべ」
「年金出るまで食いつなぐかぁ?」

ぎゃはははは


はぁ〜、疲れた






3.病害虫が 内地並み



こうも暑いと こうも蒸すと
出てくるものが 病気と害虫



所々で葉っぱがくすむ
さてその正体は?





ほら来た! うどんこ病
カビの一種で空中伝播
一度罹ると根絶は無理
拡がらぬように 対症療法





ほら来た!アブラムシ
葉っぱはイカれるは 玉はすす病になるは
これも一度出たら 根治困難
拡散防止に努めるだけ





アスパラにも出てきた!斑点病
気づいた時には かなり拡がっている
やはり難儀な感染病





白菜などの葉っぱモノ
常連客は アオムシ、ケムシ
あっという間に 完食!
ごちそうさま





生育がちょっとでも遅れると ヒエに押され
順調に伸びていけば ヒエを抑え切る
一手違いが 命取り
生存競争を上手く制御するには
常に先読み、先取り
全ての仕事に通じる基本姿勢です。







4.今年ばかりは 内地並み




秋の気団に入れ替わり
北海道だけ先駆けて?
いやいや 今年ばかりは内地と一緒
同じ日に全国各地で
「秋ですねぇ」とニュースになってた



今年の秋は穏やかに
冬はゆっくりと
なぁ〜んて気象庁さんはおっしゃってますが
ほんとにそうなら助かるんだけど

                       
                           

                           
                             









5.出来は 内地以上!




重さ1.8kg
見た感じより ズシッと重い
我が家のメロン
こればっかりは
内地並み とは言わせたくないな



朝日に輝く かわいい玉
末端価格で ¥3000/玉クラス
これが直接お問合せ頂ければ
送料込みで 約¥1800/玉以下!

内地並み、じゃぁないよね!



秋の稔りが続々と







10月末には
メロンと入れ替わりに
かぼちゃをお届けします。
まさしく北海道の味!
メロンの肥料で育てた 贅沢なかぼちゃだよ。







今月もありがとうございました。

<雑感 1> 高校野球
駒苫
こまとま(これは正しい)
とまこま?(我が代表…)

道庁での報告会で 高橋はるみ知事の挨拶。
「道民に夢と勇気を与えてくれて ありがとう」
おいおい、あんたがそれ言っちゃぁ しめぇだぜ!
大のおとな連中が「北海道は置去りだぁ」と
挨拶代わりに 口癖のように 嘆きつつ
高校生達から希望を分けてもらうなんて
順番が逆なんじゃ ないのかい !?
高校野球の興奮を傍で見ていて
違和感を感ぜずにいらぬ 8月でした。

<雑感2> これってホメことば?
ことしの紅白の目玉は これになりそうですね。
NHKの内部企画なんですが
若者言葉の微妙さを歌った
「これって ホメことば?」

笑えます、はっきり言って。
身につまされます 正直言って。
会社員時代 あまたの若手と一緒しましたが
ほぼ同様な事が 日常茶飯事。
能力は相当なものを持っている彼ら
経験さえつめば かなりイケるでしょう。
そんな彼らが こんな感じでして
いやまったく 勉強になりました
(ねっ、設計のS浦君!)

<雑感3> きらり
もうこのドラマ無くて 日が明けません。
「そぉだらぁ!」
松井かね と 有森磯の掛け合いが絶妙です。
さてそのヒロイン
まるで化け物のような 可愛さ。
その女学生姿は 全男性理想像の権現
芯の強さは 求める憧れ
劇中人物とは知りつつも
思わず移入してしまう その人の名は
「有森桜子」 いや 宮碕あおい
もう1ヶ月もせずに 会えなくなるとは
その日が来るのが おじさんは恐い
NHK朝の連続TV小説 「純情きらり」



なんだかんだ言っても
あと2ヵ月半で今年の農作業も終わります。
じゃぁ 終了気分かというと 全く違い
これから後半戦!くらいの感覚です。
年間作業の半分近くが凝縮されてます。
収穫、販売がまだ半分ありますから
皆さんもどうぞ注目していてくださいね。

圃場改良、施設撤去、土壌改良、堆肥製作
天候と乾燥状態に 左右されます。
はて今年はいったい上手く行くかどうか?

それではまた来月 お会いしましょう





 
発行    編集局 制作責任 小柴孝志
----------------------------------------------------------------
☆ご意見・ご感想は、こちらまで!
----------------------------------------------------------------
★メールアドレスの変更や配信停止、各種問い合わせは、小柴ふあーむまでご一報ください。

(C) Copyright 2004 「北海道 小柴ふあーむ」. All rights reserved.
全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます。