小柴家の風景
'05年12月 「白一色」
明けまして おめでとうございます!
北海道より 小柴です。

早速ですが 皆さんところの雪は
いかがですか?
当地は豪雪地帯の面目躍如
連日の猛攻撃に襲われております。
10年来の大雪と言われていますが
なんのことは無い 20年前に戻っただけ。
ついこの間までの気候を
再現しているだけなのかも。



12月は 初めてのことだらけで
気分的に結構忙しかったんです。
夫婦ともに冬のアルバイトに突入しました。
お互いにとって初めての職場
仕事内容も 職場環境も 体力適応も
ちょっとだけ きつかったです。



それでも なんとなく慣れてきて
「ひょっとして長い付合いになるのかな?」
と予感するまでになりました。

今月の報告は
「白一色」
夫婦ともに雇われの身となり
報告が単調になりかけてますが
そのままそういう雰囲気の1ヶ月だったと
感じていただけたら幸いです。

では行きますよ、今月の報告です!






1.一日の表情

夫は今年 新たな職場を見つけました。
(有)ニセコファイン という
アウトドア関係の会社が運営する
ニセコスキーサービス
というスキースクールです。



朝7時半
夜明けの余韻がまだ残ってます
ほのかにピンクを帯びた
ニセコアンヌプリ
この山が 今年も職場です。



スキースクール
個人レッスンのみならず
アジア系外国人や修学旅行
こんなお客様が かなりお得意です。
スキーを教えるのは二の次
最重要は安全確保と素敵な思い出
そのためのブリーフィングは
真剣そのものです。



ニト、チセ、シャクナゲ
いずれもヌプリの名称
ゲレンデからは ニセコの山々が望めます
雪雲が切れたホンの一瞬
ギラッとテカる 冬山の凄み
ここを縦走した20数年前
ここは壮大なるタイムカプセル
青春の一景が 埋もれてます



標高1000m
強い北西風で
さざなむゲレンデ
バチバチ当たる飛雪に
思わず顔が歪む
が、それでも思い留まる
俯瞰がある



下界に降りれば
また別の世界
深々と ただ森々と積もる雪
反れず曲がらず ひたすらに
ただ深々と 積み上がる



我が家に着く頃 再び来れる
雪が白いなんて誰が言った?
白も重なり濃くなれば
光を遮る 暗黒となる

明けて静寂拡がれば
暗黒の眩しさに 眼を開く





会社のHPはこちら




2.家族を実感

12月は イベントの一月
無宗教、というか
節操ない宗教観が 如実に現われます



お預け!
パブロフ3兄弟は
唾線に痛みを感じながら
己との戦いを強いられます



パブロフは子供だけではない
夫もワイン断ちの身
ほぼ1年ぶりで味わう
至福の赤
「モンラッシェ 74年」
だったらいいんだけどなァ!
まさかね!

 

御馳走は
食べるまでの過程が味付けです
いつもより早くに始まるご飯支度
作るほうも 待つほうも
その時間と過程を経て
いつもよりひときわ
美味しくなれるのです







3.ケーキがいい

自作ケーキ
我が代表の?
いやいや こども達の、です
毎回レベルが上がってきてます



いちごの2段積みクリーム挟み
ムッシュ村上に影響を受けた
小柴チルドレンの工夫です
こいつら 職人系に進むのか?
それならそれでよろしい
存分に腕を磨いて
楽しませてくれ









4.お米のケーキ



このロールケーキ
スポンジはお米です
????

もういちど言います
スポンジは お米です
炊いて食べる お米です。

しっとり ふわふわ
見事な食感
言われないと分からない
これこそ地産地消
飾らない 大袈裟でない
無理強いでない
甘えてない
極々自然の 本質の
あるべき姿の 地産地消







5.白一色









































今月も有難うございました。
一見単調な
だけど味のある世界を
堪能いただけましたか?

我が代表はいま
病院で介護師をしています。
夫婦して人に接する仕事をしています
お互いに話すのですが
人に会うことは勉強になります。
必ずしも良い出会いとは限りません。

自分達の忍耐力とか 包容力とか
柔軟性や 即応性が
毎日のように試されます。
良い鑑ともなれば
反面教師ともなります。



そして国際的なお付合いを通して
日本人を自覚することも多く
自分達がかって「外国人」だった
昔を思い出します。
文化や民族性の相違を踏まえて
素敵な想い出を持ち帰って頂けるよう
なにかと苦心しております。

もちろんそれらは
信頼される技術に基づくこと
体力の無さを噛締めながら
練習を心掛けています



1月は申告という 大仕事があります
営農計画の精度も上げます
雪深い中にいても
春の準備は 本気で始まります

あと1ヶ月ちょっとで
農作業が始まるのです


みなさんも 風邪など召されぬよう
また来月 お会いしましょう




 
発行    編集局 制作責任 小柴孝志
----------------------------------------------------------------
☆ご意見・ご感想は、こちらまで!
----------------------------------------------------------------
★メールアドレスの変更や配信停止、各種問い合わせは、小柴ふあーむまでご一報ください。

(C) Copyright 2004 「北海道 小柴ふあーむ」. All rights reserved.
全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます。