小柴家の風景
'05年 8月 「静かなる感動」
お元気ですか?
北海道より 小柴です。

9月2日をもちまして 今年の夏は終りました。
見事に気団が入れ替わりました。
朝仕事で汗を掻くことはなくなりそうです。

今月の話題はなんといっても 初収穫、初出荷。
本当にここまで 来たんだねぇ。
なんか実感がわかないんです。
本当はもっと感動したかったのに
いざその場になると 感動する余裕なんて無くて
ひたすら出荷調整作業をそつ無くやるのに
精一杯でした。



でも、 どうです !?  この やり遂げた顔 !!
農家としての Big Step を標した顔です。

本当は心のどこかで  静かに感動を確かめていたはずで
そうそう それが今月のテーマ
「静かなる感動」
これで行きましょう、今月は。

本当の農家になれた今月を
どうぞごゆっくり 御覧下さい。






1.試し切り



「まだ 青いかなぁ…」
「でも糖度はどれくらいなんだろぉ」
「味はどこまでいった?」
という逡巡の時期が
収穫予定日の1週間くらい前から始まります。
でも がまんガマン。
急いては事を仕損じる、の故事に習い
待ちます。



そして 予定日3日前。
狙いをすまして サンプルを選びます。



これが その結果。
だいぶ味はのってきてるね、でもまだ固めかな?
このままだと 追熟の負担が大きいなぁ。
よし! 収穫決行は 3日後 !!

ギリギリですが、お盆に間に合いそうです。
御予約頂いたお客様にも、迷惑かけずに済みそうです。
まずは ホッとしました。





2.農家の子弟

彼らは何をしているのか?
お客様への挨拶状を準備してくれているのです。
大人だけでは手が回らず、発送は(クロ)ネコの手を借り、遂に子供達の登場となりました。
これから幾度となく見られるこの光景、彼らのこころの中にどのように残るのでしょうか。
「農家の子弟」第一歩でした。





3.いよいよ 収穫!
そして 初出荷



がんばって待った日が 遂に来ました。
いつもよりちょっと早い 朝4時から管理作業を済ませ
5時に 収穫決行です。

そして 穫りました。
ついに 穫りました。


第1杯目の コンテナケースです。
これから何千、何万ケースと送り出される
1ケース目です。



どうです? 美人でしょ?
なにがって、そりゃぁ、ねぇ、
そのぉ、代表がですよぉ。
DHCドモホルンリンクル
タップリ ドップリ使ってますから。

いや、そんなことはどうでも良くて
いやいや、どうでも良いことはないんだけども
メロンですよ、メロン。
美人に仕上がりつつありますよ。

ロットを重ねるに従い
どんどん美人になっていってます。
よく見えませんか?
ではサービスショットを載せましょう。
どうぞ!







記念撮影。
自分の顔が こんなに真っ黒だとは 思いもよらず。
今度から レフ板を用意します。
ついでに 美白ライトもね。




やっぱり自分だけ 真っ黒だ。
共撰メロンは こういう荷姿で 旅立ちます。
軽トラに積み込む時は
それなりに 厳粛な気持ちになっています。
「頼むよ、いい値段つけてこいよ」 ってね。




選果場で厳しい受入検査の後
コンテナなどで全国へ旅立ちます。
受入検査、ほんとうに厳しくて
場合によっては 数ケース差し戻されます。

でも共撰出荷って
誰の手に渡ったか わからないんですよね
寂しいさぁ。



4.収穫祭?

ニセコアンヌプリと 我が代表。

これからどちらへお出かけですか?
「ちょっと 幽泉閣まで」

なにしに?
「お・ふ・ろ」






スタコラ サッサッ!
ここのお湯は 優しいお湯です。
浴場が広めなのもいいし、極端に混まないのがとてもいいですね。
いつも両手両足を拡げて浸かれます。









湯上りは やっぱ これっしょ!
町内盆踊りのビアガーデンで グイッと一杯
いや 2杯
いやいや 3杯かな…。
(意味が違うでしょ、意味が!)









< 閑話休題 >


始まりました、総選挙。
小泉さん、切り札を使いました。
なんだかんだ言われても 変革期には良くある事
かの吉田茂も 解散・総選挙を 何回か使ってた。
賛否が拮抗して それでもやらなきゃならない時は
こういう形態もありかな。
それは適切な権限利用だと私は思うのだが
皆さんはいかがでしょうか?



ある候補曰く
「郵政民営化 賛成! 構造改革推進すべし!」
「当選の暁には 公共事業を500億円持ってきます!」
「北海道新幹線で 1000億持ってきます!」
おいおい、それって言ってること矛盾してねぇか?

ある候補曰く

「掛け声ばかりの改革じゃダメだ!」
「この4年半で 小泉に改革能力が無いのは実証できた!」
「一度でいいから(?) 政権を執らせてくれ!」
おいおい、いつも邪魔してたのは おめぇらじゃねぇのか?

またある候補曰く
「だまされちゃいけません! 私たち以外はみんな嘘つきです!」
「庶民大増税 反対!」
「大企業を法人税で絞り上げ 富の再配分を!」
正義の味方が 公共事業と設備投資を両方とも絞めちゃ だめだべさ

ということで我が家は
選挙区と比例区を巧みに使おうということに
なりました。




5.穫る、とる、採る




第1ロットの感慨に浸る間もなく
第2・第3ロットと 立て続けに収穫・出荷となりました。
品種やベッドの造り、肥料や水分管理を
1ロットごとに 改良してきています。
自分たちでもその変化を確かめるのが楽しみなんです。
もしお客様方に各ロットを味わっていただければ
もっと楽しんでいただけると思います。
まだ始まったばかりですが、絶え間ない改良を重ねて
お客様のご満足を追求していきたいと思います。



まず生産者である私たちがこの仕事を楽しんで
それがモノに現われてお客様の幸せにつながる
私たちはこう考えます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。




今月も有難うございました。
皆さんから頂いた御声援のお陰で ここまで来られました。

いま我が家では TVドラマ「ドラゴン桜」 がブームです。
阿部寛扮する元暴走族の弁護士が主役なんですが
彼の語るせりふは けっこう人の生き方に通じるものがあります。
曰く 「知的好奇心を持て」
曰く 「言葉をキチンと理解しろ」
曰く 「挑戦しない奴に チャンスは来ない」
曰く 「自分のやる気は 自分でつくる」



いやぁ、耳が痛いですなぁ。
親子で観てるんですが
お父さんは 長谷京のボケが気に入って
お母さんは 桜木の論理展開について行けず困惑し
子供達は テンポの良い画面構成に喜んでいる。
つまり、我が家は平和ってことかな。
早く農業収入を確立して
少しでも貯蓄減少を抑えるよう頑張ります。



20年後、農業収入と年金とで2本柱を確立
笑う権利は我にあり かな?
頼みますよ、小泉さん。

来月は秋仕事、冬ごもり準備の話題が出るでしょうか。
もはやぁ? ですが北海道の秋は短い。
あとは初雪までカウントダウンが始まっているのです。
それでは皆さん、残暑厳しい折お体御養生くださいませ。




 
発行    編集局 制作責任 小柴孝志
----------------------------------------------------------------
☆ご意見・ご感想は、こちらまで!
----------------------------------------------------------------
★メールアドレスの変更や配信停止、各種問い合わせは、小柴ふあーむまでご一報ください。

(C) Copyright 2004 「北海道 小柴ふあーむ」. All rights reserved.
全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます。