先日の台風で被害を受けた方はいらっしゃいませんでしたか? どうも小柴です。北海道では思ったより勢力が弱まっており、不謹慎ながら「期待外れ」でした。 日本各地の梅雨もこれから本格化しますね。 北海道に梅雨はありませんが、それでも気圧配置によってどんより湿った空気に満たされます。 

「いやぁ、今日は蒸し暑いねぇ」と言われるのが25℃。 道産子はバテバテでシエスタを長めに取るのです。さて今月は北海道の6月の風景を点描しましょう。 テーマは「爆発!」。 
6月は冬の反動が現れる北海道らしい時季じゃないでしょうか。 そんな幾つかを報告致します。
1.運動会中学校

全校児童180名の中学校で運動会がありました。1学年30名×2クラスの編成で程よい規模です。私は町の有名人みたいなので父兄役員に名指しで動員されました。子供たちの競技を間近で見て思ったこと、土地柄なのか生徒方に白けた雰囲気の子が見られない。これが真の姿であって欲しい。それもさることながら、先生方の気合の入れ方も凄まじい。なりふり構わぬ大人の姿は子どもにとって良い影響をもたらすでしょう。芝生が張られたグラウンドで繰広げられた、先生と生徒が一体となった体育祭でした。

紅組 白組
 
2.運動会小学校

全校児童40名の小学校で運動会がありました。複式学級混在の家庭的雰囲気の学校です。父兄参加競技が児童競技と同じほどあり、さながら地区運動会の様相です。朝の場所取りは至って平和です。だって全家庭がテント(!)を張ってもトラック一周分ないのです。父兄参加競技はみんな積極的に参加し、お蔭で色んな人たちと知り合えました。運動会の後には父兄や先生方で焼肉で打上げ。飲めや食えやでみんな友達。とてものどかで、あずましい運動会でした。
歯をくいしばり……
半校生徒
 
3.ハウスの中では

一方ハウスの中では静かな営みが進行しております。それは「命の爆発」と言えるでしょう。メロンの葉の茂みの下で、ミツバチを仲人とした愛の営みがあり、その結晶がそこここに出現します。受精(植物の場合は受粉という)してからおよそ50日で出産となりますが、皆さんが想像する赤肉色は最後の2週間で現れます。いまはまだきゅうりと同じ果肉色(白!)です。今年の第1ロットは7月15日頃に収穫予定。糖度はこれから向上していきます。


葉の向こうで


静かに並んで

 


蜜月中

 


4.畑の奥では
これから受粉するのが馬鈴薯。いまちょうど開花が始まりました。いもは土中の茎から房がぶら下がり結実します。放っておくと房がぶら下がれる茎が短いので、あえて土を被せて半分埋め戻します。

培土 静かに開花
その土の中に馬鈴薯が入ってくるのです。いもにも上下方向があり、「ストロー」といって細い茎が入っているところが上です。反対に「頂芽」といって細かいプツプツのあるところが下です。カルビーのポテチのいもキャラクターが、これをきちんと描いています。
 



(^-^)お姉さんたち(^-^)
5.YOSAKOIソーランまつり

観客動員100万人を越えるそうで、街中が音と熱気に満たされていました。STV(NTV系地元局)の明石アナウンサーが中継で「この天気を待っていました!」と言ったように、実に素晴らしい青空に満たされました。
盛り上がりすぎた


大通り公園で実況生中継を見学し、4丁目交差点でナマ演技を観て、子どもたちに本場を体験してもらいました。ところで出場チームをリードしているのは女性たち、しかもなかなか熟した方たち。北海道の女は強いと言われますが、なるほど強い。奥さんたちが普段の鬱憤を晴らすかのようにダイナミックな動きを見せてくれます。北海道の女と付き合うには覚悟が要りますよ。

水着じゃないが
 


体力増進中


恋の街で

 

というわけで、6月の北海道は活気に満ち溢れています。冬のあいだ我慢していたものが一気に吹き出るのが6月です。春の農繁期も一段落し、おとなも子どもも祭りや運動会でエネルギーを発散します。からだの底から湧き出るエネルギーのようなものを実感します。そのパワーが土地全体の雰囲気を創り、道産子のイメージを醸し出しているのかもしれません。


今月もありがとうございました。来月度報告もどうぞお楽しみに。

 
発行 小柴家応援プロジェクト 編集局 制作責任 小柴 孝志
----------------------------------------------------------------
本メールは個人的に応援頂いた方々に配信しております。
恐れ入りますが御都合の悪い場合は御一報願います。
----------------------------------------------------------------
☆ご意見・ご感想は、
こちらまでご連絡ください。
----------------------------------------------------------------
★メールアドレスの変更や配信停止、各種問い合わせは、
小柴ふあーむまでご一報ください。

(C) Copyright 2004 小柴家. All rights reserved.
全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます。