春の兆しもチラホラと観える時節、如何お過ごしでしょうか?SMBの方々はシーズン真っ盛り、これからは暖気との競争ですね。また東京は寒暖の差が激しく、体調を崩し易いのではないでしょうか?黄砂や花粉ですっきりとしない感じですが、日々彩りを増す梅や空の眩しさは覆い隠せないようです。

2月は職業訓練の成果を試すべく「経理実務者2級」と「日商簿記3級」を受験しましたが、真価を試す時がすぐやって来ました。確定申告では源泉徴収額の半分を還付出来ましたし、資産整理では簿価や償却費を考慮して、合理的不動産処分が出来ました。

むかし大学の先生に言われた「知らぬは罪なり、考えぬは悪なり」を身を以って再認識しました。これからも色んなことに興味を持って進化していきたいと思います(いまは工業簿記への興味が大きいですが)。

今月は「いざ行かむ…」です。

大型船(会社)から限られた食料(退職金)で小舟を降ろして細いもやい綱(人脈)を断ち、いよいよ自力で漕ぎ出します。2丁魯漕ぎ(私と家内)ですが、まだコンビネーションが下手です。2人して魯の使い方で揉めて、舟はなかなか進まないという感じか、はたまた自分が漕いでるつもりが、実はかみさんの魯で進んでいるか、いずれにしても2丁魯漕ぎの、小舟です。
 
1.不動産売却

滑り込みで出来ました。まさにタイムリーヒットです。相手の方もとても上品な方で、よい御縁だったと思います。残債は完済できてましたが、退路も無くなりました。

 
時化の海

 
2.引越し

最も困難な時期にも関わらず、営業の揺
さ振りにも耐え何とか確保。見積り相場は最高値120万円、最安値25万円で、契約35万円でした。3月16日にいまの住所は、過去となります。

3.ニセコ先遣隊

2月22日、簿記検定を済ませて名古屋港目指して出発しました。当日は予報でも大荒れといわれ、しぶきのなか船酔い覚悟の出航です。

船室で人が浮き転がる、そんな一夜が明けましたが、まだ荒れます。2晩過した朝、暴風雪直後にタイミング良く苫小牧に入航しました。

嵐の形跡や事故の残骸を見ながら、何とか美笛峠を越えました。難航の末やっと住める場所を見つけ、近所の人と家を掘り出しました。住居、学校、暖房の手配を済ませ浜松へ。1日の朝と夕のギャップ。


出航

上陸
 


4.新住所

ホッカイドウイソヤグンランコシチョウアザユノサト

北海道磯谷郡蘭越町字湯里700番地38
(Telは未定)チセヌプリ山麓標高400m、研修場所まで5km、小学校まで10km、中学校まで17km、半径1km以内に子供も居る、電話はこれから開設しますが電気は来ていますし、ストーブもあります。研修中はここで過すことになりそうです。

午前 峠越え
5.日程

3月10日頃ADSL停止
16日天竜撤収
21日静岡出立(同夕名古屋から苫小牧へ)23日現地入り(入居準備開始)
25日晩居住開始(作戦始動!)
4月10日頃通信再開?(フレッツISDNのみ、選択余地なし)
 


割り
 

現地では出来るだけ早く通信を再開し、4月度報告を送りたいと思います。それまでの間、どうぞ我が家の消息や安否でお楽しみください。なお飲み会の勧誘は大歓迎ですので、出立までのあいだ宜しくお願いします。

では、現地からの発信をお楽しみに。
ALL lights green、boys!Here we go!
We'll coming you soon.


今月もありがとうございました。来月度報告もどうぞお楽しみに。

 
発行 小柴家応援プロジェクト 編集局 制作責任 小柴 孝志
----------------------------------------------------------------
本メールは個人的に応援頂いた方々に配信しております。
恐れ入りますが御都合の悪い場合は御一報願います。
----------------------------------------------------------------
☆ご意見・ご感想は、
こちらまでご連絡ください。
----------------------------------------------------------------
★メールアドレスの変更や配信停止、各種問い合わせは、
小柴ふあーむまでご一報ください。

(C) Copyright 2004 小柴家. All rights reserved.
全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます。